人と文章をするときにはクレジットカード会社の目を見て話すというのは言わずもがなですが、口元にも目線がいきますよね。

笑った時に覗く歯が汚れていたり黄ばんでいたりしていては、どうしても印象が悪くなってしまいなってしまいがちだと私は思います。
というのも、私の歯の色は生まれつきわずか黄色いのです。あれは非常にコンプレックスでした。食後はきちんと即に歯を磨くという習慣は幼いころから染みついていましたし、こんなおかげで虫歯は大人になった今もゼロ、歯医者さんにお世話になるといったことと言えば、歯ぎしりで歯が削れてしまうという悩みのほかにありませんでした。

虫歯が見ないのに、煙草も吸わないのに歯が黄ばんでいる。仕方がない話だけれどちょっと恥ずかしく、人に相談できない上に日常的に僕を苦しめる著しい悩みの種でした。

気になりはじめると止まらなくなり、いつの間にか人前で爆笑する事を継続するようになり、笑顔が少なくなりました。笑った時に歯が見えるというやり方がたまらなく苦しかったので、自然と口を開けないようになったのだと思います。
どんな風ににか歯を自然な白い色にすることはできないのかと私なりに調べてみました。それで脳裏をよぎったキーワードが「ホワイト二ング」です。

ホワイトニングは、歯磨きや歯のクリーニングでは落ちない黄ばみを落とし、もとからの歯の色よりも白く綺麗にする手段です。白といってもすごく自然な光加減で、その色の段階も選ぶ必要ができます。策もいろいろで、光を当てることにあと少しエナメル質を白くするアプローチや、専用のマウスピースを新規申込しホワイトニング用のジェルを入れて白くする方法、自宅でもホワイトニングを行う事ができる作戦など、本当にもろもろです。いずれ私もチャレンジして思い切り笑顔になれる日を迎えたいと思っています。

http://xn--e23ap7mqyg.xyz/