補正下着は女性の体のラインを整えてくれますから、衣装を着ましたときに美しいボディラインを演出することができるようになります。
これはとても素敵なことで、鏡を見たときのスタイルが断然違います。

そして、補正下着をつけています時だけでなく、少しずつ体が補正下着の形に変化していくのが最もすごいところです。
すごい、と感動しました補正下着ですが、もう手放せない、という想いに至ったときになんと、補正下着が使えなくなってしまったのです。

原因は、皮膚のトラブルでした。
この時、育児が忙しくてストレスがかさんでいたのでしょうか、アトピー性皮膚炎のようになってしまって、絞めつけるタイプの衣装や下着で皮膚がかぶれて大変なことになってしまうということになったのです。
ドクターから、絞めつける素材をやめるように指示されました。

それはつらかったです。

補正下着を着用するのが多少面倒でも体のラインの事を想って今まで頑張っていましたのに、それもできないなんて無念でした。
締め付けができないイコール、体の開放ですから体格が維持できないと思ったのです。
これは人生でもつらい時期でした。

せっかくの補正下着、と思っていたのですが、約一年くらいたちますと忘れましたころにアトピー性皮膚炎もなくなり、また補正下着を着用できるようになりました。

これから気を付けるべきことは、もしかゆくなっても絶対に皮膚をかかないことと、先ず保湿をする事です。
補正下着は皮膚が弱っているときには使えませんので、皮膚の健康に気を使っています。

ラルフィン骨盤ガードル|楽天に販売なし!Amazonより最安値はここ!