私は子供の頃から眉が薄く、そのため顔の印象が悪くなってしまうこともありました。
さらに額が広い方で前髪も薄いので、どうしてもおでこが出てしまい、まゆ毛を隠すことができません。

学生時代はまゆ毛薄いのが悩みでしたが、社会人になってメイクができるようになってからは、眉を描くことでその悩みからも解放されました。
しかし、どの程度濃く描けば良いのかがわからず、時にはかなり濃く描いてしまうこともありました。

最近は逆に自分では眉を描いたつもりでも、見た目の印象は薄く、自分でももっと濃くすれば良かったと後悔したこともあります。
もともとまゆ毛が薄いので、変に濃すぎてしまうと、顔の印象がかなり変わってしまいます。

メイクをする時は、少し濃いめに意識してまゆ毛を描くようにしているので、その顔しか知らない人もいます。
そのため、メイクをしていない時の印象と変わってしまうようです。

最近は自宅にいることが多いので、メイクもかなり適当になってしまいました。
まゆ毛対策は帽子を被ったり、メガネをかけることで、眉が目立たないようにしています。

寒くなってくると帽子とメガネ、そしてマスクというスタイルで出かけることが多いので、ほとんど顔の印象がわからなくなってしまいます。
そのため、まゆ毛が薄い悩みもかなり無くなりました。

それでもやはりまゆ毛が薄いと良い印象は与えないようなので、やはり顔が前面に出るような場面では、メイクとともに、まゆ毛もきちんと濃く描くようにしていきたいです。

マユライズ|楽天にない最安値!効果や臭い使いやすさをスカルプDと比較した効果は?を知りたい方はこちらのサイトをおすすめします!